アジアBL

ドラマ【30歳 魔法使い】(チェリまほ)第4話のあらすじネタバレ感想!安達が黒崎に踏み込めない理由とは?

ドラマ【30歳 魔法使い】(チェリまほ)第4話のあらすじネタバレ感想!安達が黒崎に踏み込めない理由とは?

本記事では、BLドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称チェリまほ)第4話のネタバレあらすじ&感想をご紹介します。

 

第4話では、安達(赤楚衛二)が精神的な成長を遂げ、人の気持ちに寄り添おうと前進していく回です。

本気モードの黒崎(町田啓太)も拝める第4話もニヤニヤが止まりませんので、ご注意を。

≫安達×黒沢の初バレンタインが見れるスピンオフはこちら

▼原作はこちら▼

ここから先はネタバレがガッツリ含まれます。

ドラマ「チェリまほ」第4話あらすじネタバレ感想

 

安達×黒沢のファーストキスの行方は?

安達の「お前のキス嫌じゃなかったよ」宣言で火が付いた黒沢(町田啓太)。

安達にずずいと近寄り、キスする体勢に入ります。

出典:@tx_cherimaho

うぉぉ、安達受け入れるのか?
無事にキスできるのか?
(*゜∀゜)=3

1人鼻息荒く大興奮する私でしたが、結果は…

 

あと3㎝というところで、安達に着信が入ってしまいました。

まぁ、そうよね。
そう簡単にはうまく行かないわよね。

 

ただ、今回の黒沢は引き下がりません。

安達の電話が終わるのを待ち、再度、何とも言えない雰囲気を作り出します。

 

しかし、無邪気に「二次会いきましょ~」とやってきた六角(草川拓弥)の登場で終了。

黒沢は、安達の背中を押し「行こう」と。

黒沢(心の声):
ちょっと舞い上がりすぎたかも。

続きはまた今度…
ゆっくり、じっくり。

 

黒沢本気モード発動ですねw

 

安達が黒沢に踏み込めない理由

黒沢の「また今度、ゆっくり、じっくり」宣言から、意図的に黒沢を避けていた安達。

出典:@tx_cherimaho

個人的に、このちっちゃい安達が今回の一番の見どころかと (///∀≦*)

 

黒沢のことは好き(人として?)だけど、そこから一歩踏み込むことを躊躇していました。

なぜなら、
これ以上深入りして、ガッカリされるのが怖いから。

そんな恐怖心が、安達のストッパーになっていたんですね。

 

性別がどうのこうのじゃなくて、自分の劣等感から来てるっていうのが、良いですね。

 

黒沢の焦りを聞いて変化していく安達

安達を完璧人間だと思い、劣等感まみれの自分とは違うと決めつけていた安達ですが、

黒沢にケガの手当をしてもらう中、黒沢の焦りの声を聞くことになります。

黒沢(心の声):
失敗したぁ。
きっとうざったいよな、こんな風に傷の手当したり。
ほんと、安達のことになると余裕ないな俺。

でも、何もしないよりは、できることはしたい。
こんなんじゃ引かれるかな?

 

黒沢も自分と同じように、悩んだり焦ったりしていることを知り、少しずつ前向きになる安達。

「自分にもできることがあるかも?」とポジティブな気持ちを持ち始めます。

 

黒沢から、良い影響を受けている安達、可愛い♡

恋愛を通して、相手に良い影響を与えられるのは、黒沢の『愛』が『与える愛』だからこそですね。

 

黒沢の想いに気付いている藤崎さん

会社の同僚で、「恋愛に興味がない」藤崎さん(佐藤玲)。

「恋愛に興味がない」とはいえ、「人に興味がない」わけでは無いようで、しっかり黒沢の気持ちに気付いています。

 

まぁ、今回のチンピラ撃退や、安達の髪を整えるシーンを見てたら、そりゃ気付くかって感じですが笑

出典:@tx_cherimaho

 

黒沢が安達の髪を直しているシーンで、バックに映る藤崎さんが、微笑ましそうに微笑んでいてほっこりしました。

 

パニックに陥る柘植

安達よりひと足遅れて魔法使いデビューを果たした柘植(浅香航大)。

「人の心が読める能力」は何とか受け入れましたが、

配達員の湊(ゆうたろう)に『キュン♡』としてしまったことが、どうしても受け入れられません。

出典:@tx_cherimaho

柘植(心の声):
相手は男で、しかも俺の嫌いなチャラチャラしたパーティーピーポーじゃねぇか!

 

自分がまったく意図しない相手に恋をしてしまったジレンマですね。

堅物な柘植から発される「キュン♡」の破壊力も抜群ですが、錯乱ぶりも最高です。

 

次回は、黒沢を助けに安達が「何か」する?!

仕事でなにかやらかしてしまったらしく、偉い人に平謝りな黒沢を見て、助けに行く安達。

すごく良い目をして向かって行った安達ですが、見切り発車感がすごくて不安しかない笑

次回、安達は一体何をしに行くのか?!

 

≪第5話へ第3話へ≫

全話まとめはこちら👇

『30歳 魔法使い』(ちぇりまほ)のキャスト相関図&あらすじネタバレ【まとめ】
『チェリまほ』感想&あらすじネタバレ紹介!キャスト相関図もあるよ30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)の魅力や相関図、あらすじ感想をまとめました。...

 

TSUTAYA TVで「スピンオフ」ドラマ決定

 

なんと、TSUTAYA TV独占で「チェリまほ」のスピンオフドラマが配信されるそうです!

しかも、配信日はクリスマスイブの深夜だそうです笑

 

「チェリまほ」スピンオフドラマ内容

スピンオフドラマは、以下3つです。

 

バレンタイン編

黒沢のモノローグが全開!安達と黒沢、初めてのバレンタイン!

黒沢は、安達と仲良くなる前のかつてのバレンタインを思い出していた…。
そして「今年はちゃんと渡すぞ」と意気込むのだが、なんと安達へ差出人不明の本命チョコを発見!?

一体誰が安達に本命チョコを渡したのか…。
黒沢のモノローグ全開で送る、二人のバレンタインの1日!

TSUTAYA TV公式より引用

 

名探偵・六角編

六角のモノローグが全開!名探偵・六角の推理劇場が開幕!

「最近、安達さんと黒沢さんが怪しい…」。
二人を尊敬する六角は、最近の二人の関係を何やら怪しんでいた。

自分と安達が話していると必ず割って入ってくる黒沢、安達の好きなものを全て把握している黒沢…、「この二人の親密さは一体!?」と気になった六角は “スペシャル大作戦”を行うことに。

そして誰も予想だにしなかった結末にたどり着く…!

TSUTAYA TV公式より引用

 

柘植・湊編

柘植と湊、初めてのケンカ!?

新作が賞を受賞した柘植。
そして、大手のダンスオーディションで最終審査まで残った湊。

一見、順風満帆に見えていた二人だったが湊はある思いをくすぶらせていた。
しかし、柘植はそのことに気づかず…。

二人の思いがすれ違っていく—

TSUTAYA TV公式より引用

 

スピンオフは、「柘植x湊」もしくは「六角」または「藤崎さん」のお話しかな?

と思っていましたが、町田さんと赤楚さんもガッツリ出るんですね。

 

しかも、バレンタインネタとか…上手いなぁ。

喜んで課金します。はい。

 

さらに!スピンオフの副音声も付いてるよ!

スピンオフだけでも嬉しいのに、なんと、このスピンオフには

赤楚衛二さん
町田啓太さん
浅香航大さん
ゆうたろうさん

による副音声も付くそうです!

ファンに優しい『チェリまほ』。大好きです。

ちなみに、TSUTAYA TVは30日間の無料トライアルがあるので、継続しなくても大丈夫です。

TSUTAYA TV

【チェリまほ】スピンオフドラマの詳細&配信日、視聴方法まとめ
【チェリまほ】スピンオフドラマの詳細&配信日、視聴方法まとめ【町田啓太/赤楚衛二】「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のスピンオフドラマの詳細が発表されました。 スピンオフはTSUTAYA TV限定配信な...

 

「チェリまほ」見逃し動画配信

 

  • 最新話のみ
    Tver/Gyao
  • 全話視聴
    TSUTAYA TV(独占配信)
    ↑月額1,026円が30日無料です↑

 

「チェリまほ」の原作

 

📙『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』
豊田悠著(スクウェア・エニックス)

原作マンガは「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2019」1位を獲得しています。

 

ドラマ「チェリまほ」第4話のあらすじネタバレ感想まとめ

 

「チェリまほ」第4話のあらすじとネタバレをご紹介しました。

第4話は、安達にポジティブな変化があったり、藤崎さんという枠にとらわれない女性が登場したり、変化の回でしたね。

毎度のことながら、黒沢が好きすぎる私ですが、黒沢のあり余る愛を受けて変わっていく安達からも目が離せません。

第5話が待ち遠しいです。

 

見逃し配信はこちら
  • 最新話のみ
    Tver/Gyao
  • 全話視聴
    TSUTAYA TV(独占配信)
    ↑月額1,026円が30日無料です↑

 

「チェリまほ」民の皆さまへ

「チェリまほ」作者の豊田悠先生大絶賛!のタイBL「SOTUS」も見てみませんか?

今ならYoutubeで全話見放題です!

「チェリまほ」並みに萌えがいっぱい詰まった素敵なドラマなので、是非♡(タイ沼からの甘い誘いw)

「SOTUS」のあらすじ感想&キャストまとめ!本気で「萌える」タイBLの金字塔【ネタバレ有】
タイBL「SOTUS」の感想&あらすじネタバレ紹介!本気で「萌える」タイBLの金字塔【相関図もあるよ】2016年に放送され、今も多大な人気を誇るBLドラマ『SOTUS』。 ツンデレの極みアーティット先輩と、どこまでも先輩を煽り倒すコ...

 

テキストのコピーはできません。